AGA対策と様々な薄毛の治療方

脱毛症と呼ばれる症状にも色々なものがありますが、男性型脱毛症のAGAは特に多くの人が悩んでいる症状です。

 

 

その原因は男性ホルモンの影響、遺伝的な要素など様々なものが考えられますが、今は良い改善策も登場しています。

 

 

 

家庭で行える努力としては、洗髪をきちんと行い、余計な皮脂や毛穴のつまりを取り除くこと、育毛剤で頭皮環境を整えていくなどがあげられます。

 

 

 

 

 

 

血行促進も改善に役立ちますので頭皮マッサージなども取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

さらに食事が偏っていたり、栄養が不足していることもよくありませんので、食事内容は見直し、足りない栄養素はサプリメントなどで補っていきましょう。

 

睡眠不足やストレスも髪にはよくありませんので、生活習慣の改善も行っていきたいところです。

 

 

 

自宅での努力でも症状が進んでしまう、改善が得られないという場合は医療機関での治療も効果的です。

 

 

 

初期の脱毛であれば、薬で対応することができますので、AGA治療を行う医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。

 

薬はテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる酵素である5αリダクターゼの働きを抑えるための飲み薬があり、プロペシアは代表的な存在です。

 

主成分はフィナステリドで前立腺肥大症の改善などにも役立てられています。

 

さらにミノキシジルは頭皮に直接塗布することで、血行を促進させ、育毛をサポートしてくれます。

 

専門の医療機関ではオリジナルの処方薬も用意されていますので、より専門的な治療を行いたい人は検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

とはいえ、専門の医療機関で薄毛治療を受けるというのは敷居が高いと感じるし、経済的負担が気になるという方も少なくありません。

 

 

 

その場合、プロペシアと同等の成分が配合されていて同等の効果が期待できるフィナロイドという薬があります。

 

フィナロイドとはプロペシアのジェネリック医薬品ですので、価格が非常に安く継続しやすい特徴があります。

 

個人輸入代行サイトから処方箋なしで簡単に購入することができるので、近くに専門の医療機関がない方や、医療機関の受診にはどうしても抵抗があるという方には良いかもしれません。

 

 

 

このほかでは頭皮に直接育毛成分や成長因子を注入することのできる育毛メソセラピーやHARG療法も効果的です。

 

 

さらに本人の髪の一部を採取し、それを薄くなった部分に植毛することで密度をあげていく自毛植毛を得意としているクリニックも増えています。

 

植毛は費用も高くなる傾向にありますが、そのかわり、髪が定着したら基本的にメンテナンスフリーです。

フィナロイドの更なる情報を知りたい方はこちらのバナーをクリック↓↓