AGAを効果的に治療する方法とは

AGAとは、AndrogeneticAlopeciaを略した言葉で、男性型脱毛症のことを指します。

 

成人男性に特に多くみられている、髪の毛が次第に薄くなっていく状態のことです。

 

一般的には両親からの遺伝や男性ホルモンのバランス・量の影響などが主な原因と考えられています。

 

 

AGAは何も対策しなければずっと進行していくため、何も治療せずに放置してしまうとどんどん髪の毛が抜けてしまい、髪の毛がなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

治療は薬でしかできません。

 

 

なので、治療するのは早ければ早いほど良いのです。

 

 

頭皮マッサージや生活習慣で予防できると言われていますが、それはあくまでも気休めで根本的な対策にはなっていませんし、予防効果を実証されているものでもありません。

 

もし、本気で予防しようと思っている人がいるのであれば、サプリメントがオススメです。

 

体の中から原因となる男性ホルモンを改善していきましょう。

 

 

AGAの診断は主に、皮膚科とAGA外来で行われています。

 

プロペシアと呼ばれる治療薬を処方してもらえます。

 

毎日飲むことで効果を期待できる発毛薬として唯一認定されている薬です。

 

 

どちらの科でも治療を行っていますが皮膚科では疲労性湿疹や接触性皮膚炎などの治療も行われているので、皮膚自体に問題がある症状が原因として薄毛になっている場合は、皮膚科で治療してもらう必要があります。

 

 

また、薬だけではなく検査によって診断、治療が実施されており、経口薬や外用薬、食生活のアドバイスまで細やかな治療してくれるのがAGA外来の特徴です。

 

 

検査内容は、血液検査やDNA検査、ミネラル検査などを行います。

 

検査をすることによって、遺伝的にどれだけ薄毛になりやすいかや頭皮の成分がどれくらい偏っているかなどがわかります。

 

一人一人に適した治療方針を決めるために重要なポイントとなりますので是非検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

フィナロイドなどのAGA治療薬で自己治療を行う場合でも、まずはクリニックでの治療を数ヶ月受けてから移行するとスムーズなのですが、それもむずかしいという場合には無料のカウンセリングだけでも受けておくことをお勧めします。

 

 

薄毛はとてもストレスに感じますが、そのストレスさえも悪影響になりますので少しでも早く専門家へ足を運ぶことをオススメします。

フィナロイドの更なる情報を知りたい方はこちらのバナーをクリック↓↓