フィナロイドのおかげで自信を取り戻すことができました

私は20代までは自分がハゲるなどとは夢にも思っていなかたので、薄毛で悩んでいる友人を見ては「どうせなるようにしかならねーんだから、そんなことで悩んだってしょうがねーじゃん」という感じで、かな〜り見下した態度ばかりをとっていました。

 

ところが30代になった途端に薄毛の進行が始まり、AGAになってしまったのです。

 

いざ自分がAGAになってみると、とにかく毎日抜け毛のことが気になってしかたありません。

 

枕に付いている大量の抜け毛や、ヘヤーブラシで髪をとかしているときにハラハラと抜けていく髪の毛達を見ながらとても切ない気持ちになりました。

 

 

 

 

M字ハゲ

 

 

 

 

とくに嫌だったのが職場の同僚たちによる心無い嫌がらせでした。

 

 

休憩時間にみんなと一緒に雑談している最中に、場の雰囲気を盛り上げようとする人達が私のハゲをネタにして面白おかしくからかってくるのです。

 

さほど相手に悪気がないのは解っているのでその場の雰囲気に合わせてヘラヘラした態度を取るしかありませんが、内心では言いようのない気持ちでいっぱいでした。

 

このままではどんどん自分に自信をなくしてしまうし、ノイローゼになってしまうかもしれないとも思いました。

 

薄毛が気になりだしたころから市販の育毛剤やサプリメントなどで抜け毛対策はしていたのですがいっこうに効果はありません。

 

そこで以前から気になっていたフィナロイドを試してみる決心をしたのです。

 

じつは薬に頼ることにはとても抵抗がありました。副作用のことも気になっていたし、買い方もよく解らなかったし・・・

 

でも本当の理由は飲み薬に頼ってまで抜け毛をなんとかしたいと思っている自分自身を認めたくなかったんだとおもいます。

 

20代のころ薄毛で悩んでいる友人をみて「自分ならたとえハゲてもあんなに悩んだりはしない」と思っていた自分を裏切りたくなかったんだとおもいます。

 

 

でも、もうそんなことは言っていられません。

 

 

他人の身体的コンプレックスをネタにして自分達さえ面白ければそれでいいと思っている奴らのことを見返してやりたい気持ちでいっぱいだったのです。

 

やるからにはとことんやってやろうと思っていたので、フィナロイドだけでなくミノキシジルタブレットとリジンも買って飲み始めました。

 

自分の場合は、とくに初期脱毛などの症状もなく3ヶ月目にはうっすらと効果が現れはじめて、6ヶ月目にはハッキリとした効果を感じることができました。

 

あれから約一年が経ちますが、いまはもう髪の毛に対するコンプレックスはなくなり、職場で髪の毛の話が出てもビクビクすることはなくなりました。

 

私のフサフサの頭髪をみて、こっそり対策法を聞きにきた薄毛の同僚にも自信を持って勧めてあげました。

 

いまはその同僚も確かな効果を感じているようです。

フィナロイドの更なる情報を知りたい方はこちらのバナーをクリック↓↓