フィナロイドの注意点や副作用

薄毛は父親からの遺伝だと言われていますが、一説によると隔世遺伝によって薄毛を招くことがあります。

 

そのため自分の父親がフサフサであったとしても、母方の祖父が薄毛であれば自分も薄毛になる可能性が高まるのです。

 

 

私の場合はまさに母方の祖父が薄毛であったため、私も薄毛だったことがありました。

 

 

若い頃だと髪の一本一本が黒々としていて太かったので、将来は薄毛にならないだろうと思っていたのですが、年齢を重ねることによって髪質が大分変わって元気の無い髪へと変貌してしまったのです。

 

 

 

 

 

 

洗面所にある鏡で私の頭皮を見る度に額が徐々に広くなっていることが分かりましたし、全体的に髪が無くなって頭皮が透けている状態でした。

 

今考えてみるといつからこのような状態になってしまったのか分かりませんが、若い頃と比べれば髪が薄くなったのは一目瞭然です。

 

 

 

この時に髪の量を増やしたいと医薬品のフィナロイドを使って改善を試みたのですが、今では見事に髪が復活してフサフサの状態であります。

 

 

 

もちろん育毛剤でも髪をフサフサにさせる事が出来るかもしれませんが、もし早く結果を出したいのなら医薬品の使用がお薦めですね。

 

医薬品は体内から直接働きかけますので、育毛剤と比べてかなり効果が高いように感じます。

 

 

このようにフィナロイドは育毛効果がかなり高いことが分かりますが、色々と調べてみると医薬品の副作用や使用上の注意点があるので、これらのことをしっかりと把握しておかなければなりません。

 

 

私は薬を飲んで副作用を感じたことはありませんでしたが、人によっては副作用が出てしまうことがあるそうです。

 

 

ちなみにその副作用の一つに男性機能の低下があります。

 

 

この医薬品は男性ホルモンを抑えるので、性欲が落ちてしまうことが考えられるのです。

 

具体的には勃起障害により精子の生成に影響をしてしまうことがあり、もし髪が生えても男性機能が落ちてしまえば意味が無いですよね。

 

 

ただ男性機能が落ちるといっても全ての男性に当てはまるわけではありませんし、私の場合だと服用前と今での男性機能は全く変わっていません。

 

このような副作用が出るのはごく稀であるので、ほとんど気にする必要は無いと思います。

 

 

そしてもう一つ問題なのがフィナロイドにコーティングされているキノリンイエローです。

 

このキノリンイエローは発がん性の疑いがあるので、地域によっては発売禁止になっているところがあります。

 

 

 

フィナロイドは人気商品でありながら発がん性のキノリンイエローが入っていることに驚きを隠せませんが、しかし最近発売している新しいタイプのフィナロイドはキノリンイエローが不使用の商品が販売されているので、これなら安心して使用できるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、キノリンイエローが使われている医薬品であったとしても、私の周りで体調不良を訴えた方は一人も居ません。

 

 

この医薬品を細かく調べてみると様々な副作用があるみたいですが、特に気にする事無く使用できる安全な薬だと感じます。

フィナロイドの更なる情報を知りたい方はこちらのバナーをクリック↓↓